謝辞

March 14, 2005

壮行会に感謝!

soukoukai
先日、僕が渡米するということで(たぶん、解釈は間違ってないはず…)、高校時代の野球部の同期が壮行会を開催してくれました。で、これが、その時の写真です(リクエストに応えてブログに登場させました)。やっぱりコイツらと会うと楽しくてしかたがないです。おかげさまで、かなり酔っ払ってしまいました(ちなみ、この写真を撮ったときのことは、あまり覚えてないんだよね…)。Nの家から帰る直前にも、ひとりでわめいてたような…。いや~、ホント心配をかけてすみませんでした。
以前にも書いたけど、高校時代から彼らは僕の憧れであり目標です! それは、いまでも全く変わりません。もちろん、この先も変わらないでしょう。随分と高校時代のことを引きずってるなぁという意見もあるでしょうが、誰が何と言おうと彼らは僕の大切な存在なのです。だから、僕は彼らを家族と同じように大切にしたいと思います(なぜか高らかに宣言させていただきました)!

みんなへ
壮行会を開いてくれてありがとう! おかげさまで、気合いを入れてアメリカへ行くことができそうっす。みんなから書いてもらった寄せ書きは、アメリカへ必ず持っていくよ(実は帰った後、読みながら嬉しくて泣きました、マジで)。
高校時代とは違って、いまそれぞれが活躍しているフィールドは違うけど、これからも強い気持ちを持って自分の目標を達成できるようにがんばっていきましょう。
何はともあれ、本当に感謝してます! これからも変わらずよろしく(ちょっぴりだらしない酒癖は治します…)。
そうそう、親父のぶんのコップも用意してくれてありがとうね! 間違いなく空から喜んでいたと思います(オレの酔っ払いぶりには呆れてたかもしれないけど)。
そんじゃ、また!

January 24, 2005

皆様へ

本日は、亡き父の葬儀に際しまして、皆様、大変お忙しい中ご会葬いただき、誠にありがとうございました。
生前からご親交いただきました多くの方々にお見送りいただき、亡き父もさぞ喜んでいることと存じます。
ここに生前のご厚誼に対し暑くお礼を申し上げます。
尚、皆様方には今後とも父亡き後も、今までと変わらぬご指導のほど、お願い申し上げまして、簡単ではございますが、この場をお借りして皆様への感謝の意とかえさせていただきます。

ホント~~~にありがとう。友達のありがたみを改めて痛感させられました。言葉足らずでご理解いただけるか不安ではありますが、みんなには心から感謝してます。
今後とも変わらず、泣き虫な私をよろしくお願いします。

January 20, 2005

教員室のNはじめ、皆様へ

確かにお前も涙もろいよね、オレはそれ以上だけど…。
日曜日は泣かないでくれよ。親父もお前らと会うの久々だし、いきなり泣かれても困っちゃうだろうしさ。でもオレはお前らを見て泣くと思う。どうしてもお前らと会うと、緊張が解けるんだよね。だから我慢してたものが、一気に流れちゃうと思う。いまはだいぶ落ち着いたけど、やっぱ親父が亡くなるのはツライよ。オレまだ結婚もしてないし、一人前になった姿を見てもらえなかったしさ。これからっていう時だったのになぁ…。親父、あの世から見ててくれるのかね? でも火葬されちゃうんだぜ。姿かたちがなくなっちゃうんだぜ。どうやってオレのこと見ててくれるんだよって思うよ。魂っていうのがホントにあるのなら、目で見えればいいのに…。そうすれば、どこに親父がいるかわかるのにね。

それから、きょうは皆様からたくさんの電話をいただき、ホントに感謝してます。本来ならば、きちんと報告するべきだったのだけど、今回のことは初めてのことだし、正直どうやって伝えたらいいのかわからなかったんだよね。いつもいつも、みなさんにはご迷惑を掛けて申し訳ないです。確かにいまはキツイけど、ゆっくりと時間が解決してくれると思うので、しっかり気を持ちたいと思います。そういった思いを込めての”Keep Strong”なんでね。何はともあれ、皆様のお気遣いにはすっ~~~ごく感謝してます。今後とも変わらずお付き合いいただければ幸いです。また近いうちにパッと飲みに行きましょう!

twitter

プロ野球選手のブログ

iTunes